susutex’s blog

毎日更新は諦めたが自転車、電子工作、プログラミングとかについて書くかもしれないブログ

600kmブルベDNFと自転車趣味との付き合い方について

先日600kmBRMを棄権した。

走行開始直後、夜間の視界不良により全く見えなかった路肩付近の盛り上がりにタイヤを取られて40km/h近い速度のまま落車、アスファルトの上を滑った。その後も胃腸の不調、強烈な眠気、腹痛、ライト故障とトラブルが続出。一応完走できなくはないペースで300km以上走ったが、とどめに真っ暗闇の中で突然前輪がパンクし、直す気が全く起こらなくなったのでDNFを決めた。

その後はなんとかパンクを直して仮眠宿まで移動して眠り、翌日輪行で帰宅した。落車のダメージは走行中は軽い痛み以外に感じず我慢すればシャワーを浴びることもできたが、一晩明けると打撲と擦過傷により膝がほとんど曲げられなくなっており、しばらくの間生活にかなり支障が出た。

 

今年はSR目指して頑張っていたが、結局ブルベは300km以上で夜間の長時間走行が発生すると苦痛のほうが多かった。そもそも夜走るのは危ないしつまらないので嫌い。擦れ、胃腸へのダメージ、睡眠不足の苦痛が大きい。装備が重くなり、重い車体で走ってても楽しくない。

今回の落車は暗さにより全く見えなかったものが原因で発生した。見えない危険を回避する方法は無い。対策は夜走らないこと以外にないので、300km以上のブルベはもう参加しない。日中の走行だけで走り切れる脚力がついたら別だが、現実的でない。

 

夜間の走行がなくても、自転車に乗っている限り事故の危険は付きまとう。DNF直後は肉体のダメージの苦痛もあり、体力作りならランでも楽しめるので、危険で金と時間を大量に消費する自転車はやめてしまおうかとも思った。しかし、元気な足で登りのTTをしたり景色を見ながらのんびり走るのは楽しいので自転車を完全にやめるのはもったいないと感じる。

普段はローラーやランで集中してトレーニングを積んで走行を楽しめる体力をつけ、たまに外で走る際は車での移動も組み合わせて無用な危険を避けるなど、今までと違う楽しみ方を考えようと思う。

 

eTrex30x購入と日本語フォント及びOSM導入作業録

f:id:susutex:20180901012949j:plain

先日の300kmでも使っていたが、eTrex30xを買った。

eTrex30xは英語版で、デフォルトでも日本の大きな道路は表示されるが、細かい道路がないので使い物にならない。

日本語版のeTrex30xJを買えば日本の地図も入っているが、値段がかなり上がるし、英語版でも自分で設定すれば日本語対応と日本の地図の導入ができる。

備忘録として作業の記録を残しておくことにした。

続きを読む

mobikeを使って深圳でサイクリングを楽しむ

かなり前のことになるが、中国深圳へ行き、シェアバイクでサイクリングをした。記事を書こうとしたまま忘れ去っていたが、途中まで書いていたので一応記録として仕上げることにした。

 

f:id:susutex:20180901010502j:plain

深圳ではシェアバイクがそこら中に転がっておりどこでも乗り降りできる。

が、難点として多くのシェアサイクルサービスはAlipayやWeChatPayなどの電子マネーでの支払いが必要だが、これらは利用のため中国の口座を開設する必要がある。中国は電子マネーによる決済は確かに普及しているが、現金で払えないこともない(お店によっては嫌な顔をされるが)。めったに来ない中国への旅行のために口座の開設までするのは面倒。

そんな中、mobikeは日本展開を開始しており、クレジットカードによる支払いが可能。料金は30分で120円らしい。

Mobikeは世界初にして最大のスマートシェアサイクルサービスです。

中国でも使えるのかわからないが、とりあえずダメもとで試してみることにした。

続きを読む

BRM825夢の国300

BRM825夢の国300に参加してきた。

f:id:susutex:20180831225612j:plain

0時ナイトスタート、コースプロファイルを見ると最大標高は低いが獲得標高がそれなりなのでおそらく最も苦手とするアップダウンが続くコース。しかし先日参加した200kmよりは獲得標高は低いので平地で無理をしなければ難なくクリアできるだろうと思っていた。しかし台風接近による強風といまだ残る夏の暑さにより難易度が上がり、クローズまで一時間を切るギリギリでのゴールになってしまった。

 

続きを読む

BRM602相模原200

f:id:susutex:20180603205307j:plain

以下公式ページからの引用

「 200Kmではありますが、非常に難易度が高いコースです。自身のない方は、ご遠慮ください。」

楽しそうなので参加することにした。開始時刻が8時と遅く輪行参加が可能なのもよい。

わずか200kmのコースに、ゴールを除いてPCが4箇所もあり、PC間はほぼすべて峠がある。和田峠は無理しなければ余裕、なんか後半にヤバそうな傾斜の坂あるけど何とかなるでしょ。何とかならず屈辱の押し歩きをした。でも時間内に完走はできた。

続きを読む

BRM421奥久慈400

f:id:susutex:20180504014808j:plain

BRM421奥久慈400に参加してきた。

ブルベは昨年200kmに参加してから二回目、初めてのオーバーナイトブルベで完走できるか不安だったがなんとか完走できた。覚えているうちに感想を書く。完走したので。

続きを読む

赤城山ヒルクライム20170924

怠けていて一月近く経過してしまったが、赤城山ヒルクライム2017に参加してきた。2016年は九十九里トライアスロンと被っていたので、今年が初参加。

 

前日受付は前橋駅から少し離れたイベント広場。輪行参加者にとってはハルヒルのように駅で受付をしてくれたほうが前日に自転車を組む必要がないので楽だが、観光や町おこしのためのイベントという意味では町中を移動させるのは正しい気がする。昨年はスタート地点まで行かなければならなかったらしいので、それに比べれば楽。

受付を済ませて会場のブースを回る。バイザー付きのエアロヘルメットが1万円で売られていたので輪行でなければ買っていたかもしれないが、積載量に余裕がないので見送る。

一通り回った後に受付会場を離れて10km程離れた場所にある宿へ。エアコンが使用不能な代わりに格安で泊まれる部屋があったので泊まった。気温は涼しかったのでちょうどよかったが、冷蔵庫がなかったため前日に水を買うのではなく当日早起きして水を買わなければならなくなった。今回はあまり急がないのでよかったが、急ぐときは冷蔵庫の有無を確認して冷蔵庫のある宿に泊まるようにしよう。

 

f:id:susutex:20171018163343j:plain

参加賞。OS-1、ころとんストラップ、梅丹のおいしい補給食、そしてまさかのホイールバッグ。嬉しくないわけではないが、ホイールバッグはもう持っているし、輪行参加者としては積載量的にちょっと困る。

 

f:id:susutex:20171018163243j:plain

近所の「かみなり太郎」でラーメンを食べる。うまい。最近体に糖質を貯めるためにパスタ、ラーメン、米を大量に摂取する生活を続けている。先日のロングライドからの和田峠でも調子が良かったので効果はありそう。

飯を食ったら準備もそこそこに就寝。

 

当日朝は起床したらパンを食べて出発、近場のコンビニで水とおにぎりを買い、おにぎりを食べながらドリンクを準備、ラテックスのタイヤに空気を入れなおして5:00ごろに移動開始。5:40ごろにスタート地点へ到着した。走行中は参加賞の電解質パウダーを混ぜた水以外の補給食を取っていなかったので以前知り合いの人にいただいたPowerBargelジェル(賞味期限10月)を飲み、足攣り防止を期待してアミノバイタル顆粒も飲む。

 

アミノ酸顆粒は自転車に乗り始めた頃に足つり防止として使っていたものだが最近飲むのを忘れていた。富士チャレンジ200の時もスタート前に飲むつもりだったが忘れており、ピットに入った時に思い出して飲んだ。直後に足が攣ってしまったものの、その後ゴールまで再度足が攣ることはなかったので効果は期待できるかもしれない。

荷物を預け、スタート30分前にカフェイン入りのHigh5 IsoGelを飲み、トイレを済ませてスタートに整列する。

 

 

f:id:susutex:20171018164139j:plain

交換用タイヤを持っていくのを諦めたのに空気入れを預け忘れた。試走の際にボトル一本だと水がなくなったため今回はいつものCCDドリンクを二本。
ほどなくスタートが切られた。

 

youtu.be

独り言がうるさい区間のみカット。 

タイムを何分で申請したか忘れたが、スタートは第2グループ、つまりJBCFおよびエキスパートクラスのグループを除く最初のスタートグループになった。集団のペースはスタートからなかなか速い。ついて行こうとすると間違いなく足が攣るので、オーバーペースにならないよう280Wあたりを目標にして淡々と進む。

ペース配分について、赤城山には以前試走に来ている。その時は体調が最悪で平均出力は200W程度しか出ず90分以上かかったが、その際のタイムをベースに大雑把に80分目標のタイム表を作る。タイム的に見れば大体ゴールに対して赤城県道旧料金所が1/3、姫百合駐車場2/3程度の位置にあったのでこれらをそれぞれ26,53分あたりで通過できれば80分は切れるはずだ。

淡々と踏みながら進むものの、序盤は思った以上に長く感じる。結構進んだかなと思って時計を見てもまだ10分もたっておらずがっかりしたりしながらも出力を見ながら進む。暑さですぐ喉が乾く。トライアスロンエンデューロとは違いヒルクライムの走行時間ならば飲み過ぎで胃の調子がおかしくなることもないので、10分に一口ぐらいのペースでドリンクをぐいぐい飲む。

 

f:id:susutex:20171018164451j:plain

旧料金所を通過、25分台。平均280W台。少し右のふくらはぎに痛みを感じたため次の目標地点の姫百合駐車場までの目標を260Wに切り替えて右足をややかばいながら進む。

サイコンを新調したためラップの平均パワーを表示できるようになった。パワーメーターの瞬時値はかなり上下するのでそのままではペース管理に使い辛く、平均出力を調整してペースを管理している。しかしだいたい30分を超えると瞬時値の寄与が非常に小さくなるため長時間のオーバーペースが発生したりする。区間を区切ると平均値をコントロールすることが楽になるためそのようなことがなくなる。

 

f:id:susutex:20171018164520j:plain

姫百合駐車場の通過は52分台。平均出力は目標通り260W台。このままいけば80分は余裕で切れるはず。足が攣りそうな気配も収まったが280Wは怖いので270Wをターゲットにゴールまで進む。

 

f:id:susutex:20171018164524j:plain

残り2km地点。一杯清水バス停留所。給水所なので一杯どころか沢山水があるなあと考えながら通り過ぎる。

 

f:id:susutex:20171018164526j:plain

残り1km。余裕があるのでここから平均300W台を目標に走る。

 

f:id:susutex:20171018164528j:plain

ゴール500m前。もう二回ぐらい曲がったらゴールまでの直線が見えるかなと思いながら右折。

 

f:id:susutex:20171018164530j:plain

と思ったらいきなりゴール前の直線が現れたので前の二人を抜かすつもりで踏み込む。

 

f:id:susutex:20171018164531j:plain

一人は追い抜いたものの、もう一人を追い抜けないままゴール。

最後に踏み込めたのと、ゴール後もかなり余裕がある感じがしたのを見ると姫百合駐車場から先は280Wで踏んでも大丈夫だったような気がするが、このところ毎回足が攣っていたので怖くて踏めなかった。

 

山頂ではあまりやることがないので荷物を受け取ったらさっさと下山を開始する。下山はスムーズに進む、と思いきやスタート地点に近づくと信号待ちで待たされることが増え、下山は登るのと同じくらいの時間がかかった。途中でトイレに行きたくなってしまったので下山開始直前にトイレに行っておくべきだった。

 

f:id:susutex:20171018164239j:plain

f:id:susutex:20171018164248j:plain

スタート地点に戻ると商品券を使って食事をとる。もつ焼きそばと目玉焼きメンチカツ。おいしい。

沿道で手を振っている人も多く、コースも景色がよく気持ちよく走れる楽しい大会だった。

 

富士ヒルは足がつったこともあり平均240Wだったが、今回は平均270W出て最後まで垂れずに走れた。レース前の準備からレース中のペース配分の仕方まで富士ヒルからいろいろ変更がありどれが効いたのかははっきりしないが、とにかく久々に足が攣ることなく走れたので、次にレースに出ることがあれば今回と同じ感じで走ってみよう。