susutex’s blog

毎日更新は諦めたが自転車、電子工作、プログラミングとかについて書くかもしれないブログ

尾根幹を通ってゼブラと宮ケ瀬ダムまでロングライド20170717

富士ヒルの後に体調を崩しあまり自転車に乗れなかったが、7月頭あたりからようやく体調が回復して運動できるようになった。食事があまりとれなかったため体重が3kg減り全然パワーも出なくなるなどまだまだ本調子ではないが、そろそろロングライドに出たい。暑さも厳しくなり、体調的にもまだ峠に登ったりは難しそうなので、とりあえず以前走った尾根幹を超えてゼブラへ往復する100km強のルートを行くことに。

 

やはり尾根幹は歩道をゆっくり走るほうがスピードは出ないが断然楽ができる。この日はもともと雨の予報だったのが曇りに変わったため出発直後はいい感じに雲が出ていたが、走っているうちに雲は無くなり日差しが降り注ぐようになった。この暑さと、多摩川道中でそこそこのスピードで走っている人を追いかけたり、道路に出たときに車と並走するつもりで40km/hとかで走っていたためか思った以上に疲れ、ふらふらの状態でなんとかゼブラへ到着。

 

到着して店内に入ると空調が効いておりとても涼しい。まずは自転車を置いて水を飲む。炎天下を走り、自転車に積んでいたボトルのお茶も暑さによりぬるま湯になったため、涼しい店内と冷たい水で生き返るような心地。

前回ゼブラに来たときは昼過ぎ到着だったため無かったが、14:00までランチメニューのようなものがあるらしい。

 

f:id:susutex:20170717221703j:plain

ステーキサンドと今日のコーヒー。ステーキサンドはクロワッサンに肉とチーズ、そしてピーマンだろうか、が挟んである。

 

f:id:susutex:20170717222022j:plain

砂時計の砂が落ちきったらフレンチプレス機のコーヒーをカップに移すようにとのこと。

ステーキサンドを口にする。これは…肉だ。驚くほど肉だ。おしゃれなカフェに入ったつもりが焼肉屋に入ってしまったかと思うほど肉だ。しかし肉とクロワッサンの旨味と甘味が意外とコーヒーに合う。これはいい。ステーキサンドとコーヒーを交互に口にしていたらあっという間になくなってしまった。小さな見た目のわりにお腹もしっかり膨れる。

 

ふらふらだった体もおいしい食事を食べながら涼しい場所で休憩したおかげか元気になった。このまま来た道をすぐ引き返すつもりだったが、ふと思いつき某サイクル情報サイトで紹介されていた宮ケ瀬ダムに向かってみることに。

宮ケ瀬ダムは観光放流というのをやっているらしい。

観光放流 | 相模川水系広域ダム管理事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

思いつきだったため時間も曜日も全然あってないが、とりあえずそのうち観光放流を見に行くときのためにルートと移動時間だけでも把握しておくことにする。

 

ゼブラから宮ケ瀬ダムへ向かうルートは西へ向かい国道412号を進むか、東へ向かい県道513号を経由して国道412号へ向かうか。距離はほぼ同じだが西側はつまらなさそう。東側は短いが楽しそうな九十九折が見え、またコンビニも近かったので513号側へ向かう。

登りは短かったがそこそこ楽しかった。登り終えた場所にコンビニがあったのでボトルに水を補給して走行を再開したが、宮ケ瀬ダムまではハードなアップダウンの連続。これを帰りも超えなければならないのかと思いながらも淡々と進む。

 

f:id:susutex:20170717223235j:plain

いろいろあって着いた。

 

f:id:susutex:20170717222813j:plain

f:id:susutex:20170717222816j:plain

f:id:susutex:20170717222820j:plain

ダムは大きい。

 

疲れたので写真を撮るのもそこそこに帰路に付く。 

帰りは尾根幹についたあたりで大腿四頭筋が攣りそうになったりと脚にもきていたようだが、途中から猛烈に肩が痛くなり乗車姿勢を維持するのが大変になった。適度に休憩を取りながら進んだが、こんなに肩がしんどいのはロードバイクを買ってすぐに多摩川を往復した時以来。しばらく走っていなかったことで上半身の筋力が大きく低下しているのもあるが、注文ミスにより以前のロードについていたものより10mm長いステムを付けてるのがまずいのかもしれない。ブラケットを持つと、肘を完全に伸ばしても肩が前に出て常に肩に負担がかかっているように感じる。短いステムを調達してみようか。